貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
お江戸あやかし物語 あやかしの店のお客さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お江戸あやかし物語 あやかしの店のお客さま

  • 児童書
作: 水沢 いおり
絵: 石橋 富士子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月03日
ISBN: 9784035166207

21×16cm 150ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あやかしたちのつくろいもの屋を舞台にした連作四編

あやかしたちがはじめた小さなつくろいもの屋には、人間はもちろん、あやかしのお客さまもいらして、不思議なお願いごとをしていきます。

ベストレビュー

あいかわらずこまち姐さんがいきです

シリーズの2です。
お裁縫箱のなかで100年いて、付喪神になった、待ち針とはさみと縫い針のお話です。
あいかわらずこまち姐さんがいきです。
繕い物やをしている3人が巡り合う事件がいくつか。
愛らしい市松人形と話したり、
大晦日の王子稲荷のきつねの集会に行ったり、
美しい織物に恋をした一反木綿の話もありました。
江戸の庶民の暮らしが、いろいろと想像できます。

(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水沢 いおりさんのその他の作品

お江戸あやかし物語 くらのそとのお針箱 / お江戸あやかし物語 つくろいものやはじめます



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

お江戸あやかし物語 あやかしの店のお客さま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット