おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
保健室の日曜日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

保健室の日曜日

  • 児童書
作: 村上 しいこ
絵: 田中 六大
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「保健室の日曜日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年08月
ISBN: 9784061957350

小学初級から
サイズ:A5判
ページ数:95

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

好評の「日曜日」シリーズ。音楽室、理科室、図書室、給食室に続く第5作目は、保健室の仲間たちのおはなしです。

今日は日曜日。保健室の仲間たちは、人間の子どもたちのまねをして、視力検査の真っ最中。保健室の先生役の身長計が、一番に並んだほうたいに指し示す検査表は、たんこぶがつくったイラストバージョン。体重計やきずぐすりまで、みんな勝手につくった検査表を出して大騒ぎの中、だっこ赤ちゃんだけは浮かない顔です。その理由は、子どもたちに「にせものの赤ちゃん」といわれたからでした。心臓の音がしないだっこ赤ちゃんは、生きていると言えないのでしょうか? みんなも、自分たちが「生きてるしるし」のないことに寂しい気持ちになってきます。でもくよくよしてなんかいないのが、保健室の仲間たち。みんなで「生きてるしるし」を探しに行こう! と張り切って学校の外に出かけますが……。

ベストレビュー

たんこぶって何?

保健室の道具が日曜日を楽しむ様子の
物語です。
今回は、結構重いテーマですが、
あっけらかんとした関西弁と、
それぞれの道具のキャラクターで
明るく描いてあります。
そして、重いテーマだけど、
子どもにもわかりやすいシメとなっていました。
このくらいの長さの本を読むと
飽きてしまう次女の4歳児は、
あかちゃん人形が出てきたのが気になったらしく
珍しく最後まで集中して聞いていました。
しかし、キャラクターのひとつ、たんこぶって
なんなんだろうってものすごく気になりました。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

村上 しいこさんのその他の作品

こんとんじいちゃんの裏庭 / 給食室の日曜日 ゆれるバレンタインデー / にげたエビフライ / じてんしゃのほねやすみ / あくしゅかい / アカンやん、ヤカンまん

田中 六大さんのその他の作品

おとのさま、小学校にいく / 友を失った夜/とりひき / 紙芝居 こどものひのさがしもの / ふしぎな のりものずかん / みんなで道トーク!(1) 学校編 / ランドセル名作 3つのぼうけん/いっすんぼうし・ジャックとまめの木・シンドバッドのぼうけん



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

保健室の日曜日

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット