ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
おばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃん

  • 児童書
作: ペーター・ヘルトリング
訳: 上田 真而子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年02月
ISBN: 9784037260705

小学5.6年生から」
サイズ(判型)20cm×14cm ページ数170ページ

出版社からの紹介

交通事故で両親をなくしたカレは、67才になるおばあちゃんとの生活の中で成長していく。世代を越えて結びあう信頼を描く。

ベストレビュー

笑いながらも胸がキュンとしました

両親が交通事故で亡くなって、貧しい一人暮らしの祖母に引き取られた少年カレの物語。
哀しいシチュエーションなのに、茶目っ気たっぷりのおばあちゃんとの生活はユーモアたっぷりで面白おかしいのです。
親族なのに、孤児年金をもらうために里親登録をしようと役所とかけあうおばあちゃん。
貧しいながらも負けん気でカレを子どものように愛するおばあちゃん。
息子であるカレの父をよく言いながら、母親である嫁の育てたには愚痴をこぼすおばあちゃん。
どんなに頑張っても、母親にはなれないことも知っているおばあちゃん。
面白おかしい物語の合間に組み込まれるおばあちゃんのモノローグは、自分の彼に対する愛情と自分の老いに対する不安でした。
自分はいずれ死ぬだろう。
そしてカレは施設に入れられてしまう。
カレが自立するまでとおばあちゃんは頑張るのです。
世代の違うことでの感覚の違いはあるけれど、これほど前向きなおばあちゃんはきっと長生きしますよね。
ヘルトリングは作品毎に、新しい切り口で家族愛を書き連ねています。
本は少し古いけれど、書かれていることは決して昔のことではないと思います。
深刻なお話ではないだけに、おばあちゃんとカレが痛々しくも思えました。


(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた / テオの家出 / ヒルベルという子がいた / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



『いちにちじごく』作者インタビュー

おばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット