なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
あしにょきにょき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしにょきにょき

  • 絵本
作: 深見 春夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1980年10月20日
ISBN: 9784265905041

3歳〜小学校低学年
25×22mm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


『あしにょきにょき』『あしにょきにょきにょき』深見春夫さんインタビュー

みどころ

毎日美味しいものばかり食べているポコおじさん。何かもっと珍しいものを食べてみたいと思っていると、あやしいセールスマンが大きなそら豆持ってきた。それを食べてみると・・・どういうわけか、ポコおじさんの左足がにょきにょきのびはじめた!?
「どうして足がのびるの」
そんなことを考える間もなく、足はどんどんのびていく。家を飛び出し、林をぬけて、よその家も通りぬけ、とうとう街までやってきて。
一体どうなる左足!一体どこまでのびていく?

ちょっと想像してみてください。
街を歩いていて、突然大きな足の裏がどーんとやって来たとしたら。それはもう驚きです。誰かさんの、ちょっと間の抜けた左足が街中の道を占領しちゃっているのです。それだけで、もう何だか笑っちゃいます。
呆気にとられながらも、画面に夢中になっている子どもたちが見ているのはどこでしょう?思わず触ってみたくなるのはどこなのでしょう?そこに結末へとつながるヒントが隠されていますよ。

ちょっとヘンだけどユーモアたっぷり!子どもたちに大人気のお話です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あしにょきにょき

出版社からの紹介

あやしいセールスマンから大きなそら豆を買った、美食家のおじさん。大きなそら豆を食べたおじさんの左足が、どういうわけか、にょきにょきのびだし、家の外ヘ!林をぬけ、森をぬけ、街までのびて…。ユーモアあふれる絵本。

ベストレビュー

絵本の醍醐味

奇想天外、奇妙奇天烈。
それがとんでもないスケールになって展開される。
子どもははしゃぎ、私は口をあんぐり。
これは絵本の醍醐味です。
理屈抜きで楽しめる絵本ですね。
女の子が足をくすぐったら、のびつづけた足が後戻り。
なんで左足だけなの。
なんで、曲がったり大きくなったりするの?
多分そんなことは誰も考えていない。
常識をはるかに超えた発想。
ナンセンスと言ってしまえばそれまでですが、このお話はセンスあると思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


深見 春夫さんのその他の作品

あしにょきにょきときょうりゅう / ヘビのレストラン  / おもちゃの かたづけ できるかな / すてきなステッキ / くもの糸 / あしにょきにょきにょき



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

あしにょきにょき

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット