くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
わたしが 山おくに すんでいたころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしが 山おくに すんでいたころ

  • 絵本
文: シンシア・ライラント
絵: ダイアン・グッド
訳: もりうちすみこ
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしが 山おくに すんでいたころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784902257267

5才から
32p 25.3×19.5cm

出版社からの紹介

わたしが まだ 小さくて
山おくに すんでいたころ、
ゆうがたに なると、
おじいちゃんは 石炭のこなで
まっくろに なって かえってきた。
くろくないのは くちびるだけ。
そのくちびるで、わたしの あたまに 
ただいまの キスを した。

きびしく美しいアパラチアの自然のなか、
おとなたちに見守られながら、
野山を思いきりかけまわった日々……。
少女時代の思い出をあたたかくつづった、
シンシア・ライラントのデビュー作!

ベストレビュー

自然の中で暮らす日々

当時の生活がしのばれる、わかりやすい挿絵とともに
描かれています。
自然とともに生きる暮らしは、身体にも心にも良いのだろうと思いますが
現代の文明になれた私たちには、なかなか厳しそうです。
ほかのところに行きたいと思ったことはなかった。
満ち足りていたと、きっぱりと締めくくっておられますが、
本当にそうなのだろうと思います。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シンシア・ライラントさんのその他の作品

ねこたちのてんごく / ゆき / ウォルト・ディズニー シンデレラ / ヘンゼルとグレーテル / わにになった子ども / 名前をつけるおばあさん

ダイアン・グッドさんのその他の作品

ママ〜!へんなおとがするよ / はい、このひとがママです!

もりうち すみこさんのその他の作品

ライオンつかいのフレディ / ネルソンせんせいがきえちゃった! / 森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし / 宿題ロボット、ひろったんですけど / 呪われた図書館 / クジラに救われた村



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

わたしが 山おくに すんでいたころ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット