うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
わたしが 山おくに すんでいたころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしが 山おくに すんでいたころ

  • 絵本
文: シンシア・ライラント
絵: ダイアン・グッド
訳: もりうちすみこ
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784902257267

5才から
32p 25.3×19.5cm

出版社からの紹介

わたしが まだ 小さくて
山おくに すんでいたころ、
ゆうがたに なると、
おじいちゃんは 石炭のこなで
まっくろに なって かえってきた。
くろくないのは くちびるだけ。
そのくちびるで、わたしの あたまに 
ただいまの キスを した。

きびしく美しいアパラチアの自然のなか、
おとなたちに見守られながら、
野山を思いきりかけまわった日々……。
少女時代の思い出をあたたかくつづった、
シンシア・ライラントのデビュー作!

ベストレビュー

印象的な生活だったのでしょう

「わたしがまだ小さくて山おくにすんでいたころ…」。
この言葉のリフレインで、ライラントさんの幼いころの思い出が叙情詩のように語られます。
とても印象的で、繊細で、清々しい印象がしました。
でも、この思い出は濃縮された4年間だからでしょう。
離婚した母親が、看護師の免許を取るために、娘は山の実家に預けられたのです。
お父さんは再会することなく亡くなってしまいました。
ライラントさんは一人、いとことおじいさんおばあさんと生活したのです。
子どものころの記憶が懐かしい思い出として凝縮されているように思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シンシア・ライラントさんのその他の作品

ねこたちのてんごく / ゆき / ウォルト・ディズニー シンデレラ / ヘンゼルとグレーテル / わにになった子ども / 名前をつけるおばあさん

ダイアン・グッドさんのその他の作品

ママ〜!へんなおとがするよ / はい、このひとがママです!

もりうち すみこさんのその他の作品

呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ! / ゾウがとおる村



2つの写真のまちがいをさがそう

わたしが 山おくに すんでいたころ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット