にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
エリザベス・ブラックウェル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エリザベス・ブラックウェル

解説: 橋本 葉子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

運命を切り開いた世界初の女性医師!
まだ女性が社会進出をしていなかった19世紀。常識をやぶり、男性の仕事だった医者という職業に就く決心をしたエリザベス。「なりたい自分になる」ために奮闘するその姿は多くの後輩を作り出していく。

ベストレビュー

世界で最初の女性医師

読んでいて驚いたのは、ナイチンゲール、リンカーン、『アンクル・トムの小屋』の作者ストウ夫人など、有名人たちが続々とこの伝記に出てきたことでした。

ナイチンゲールは有名なのに、どうして世界で最初の女性医師であるエリザベス・ブラックウェルのことはこうして伝記にならなかったのだろう?とちょっと不思議にも思いました。

女性で医師を目指すことかに門戸が閉ざされていた時代に、このエリザベス・ブラックウェルは果敢にも挑戦していきます。

伝記に登場する偉人たちに共通するのは、困難に負けないあきらめない気持ち。

その人生は決して順風満帆ではありませんが、こうして閉ざされてきた道を開拓してきた先駆者がいたことで、今の女性の社会進出があるのだと思うと感慨深かったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

エリザベス・ブラックウェル

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット