ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
ブーブーブー どこいった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブーブーブー どこいった

  • 絵本
作: 西村 敏雄
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ブーブーブー どこいった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年10月23日
ISBN: 9784052036422

幼児3-5歳
26.1×22.2cm 32ページ

みどころ

さるのさるぼうが公園で遊んでいると、ぶたのお母さんがやって来て、
「さるぼう、うちの子たち見なかった?」
さるぼうは張り切ってこぶたを探しに出かけます。

ドアのむこうから聞こえてくる「ブーブーブー」。
ブーブーと言ったらこぶたでしょ。さるぼうは自信満々でドアを開けると…あれ?
うさぎがラッパの練習中。
するとへいのむこうからまた「ブーブーブー」。
今度こそこぶたが隠れているのかと思ったら…きつねの自動車レース。
ブーブー ブォーン!
さるぼうは、なかなかこぶたを見つけることができません。

うーん、歩けば外には意外と「ブーブー」であふれている?
「ブーブーブー」。
今度も違うと思ってがっかりしていると…最後の最後、
さるぼうはこぶたたちを思わぬところで発見します!

子どもたちは、このちょっと間の抜けた音「ブーブーブー」の繰り返しと、
ページをめくるとやってくるズッコケ感がたまらないはず。
何度も読んで、のんびりハッピーな時間を過ごしてくださいね。
西村敏雄さんの描くキャラクターたちの表情、今回もかなりいい感じ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ブーブーブー どこいった

出版社からの紹介

こぶた、こぶた、どこいった? さるぼうが「ブーブーブー」と聞こえたところに向かってみると…。
あれ、こぶたじゃないぞ。いったい音の正体は? 
さるぼうはこぶたを見つけられるでしょうか? 
音の面白さとのんびりしたお話をお楽しみください。

ベストレビュー

いろんなブーブーブーがあるものですね

ブーブーブーとは、ぶたさんの鳴き声ですが、それ以外にもいろんなものを連想させるものだなあと読みながら感じました。ブーブーブーという音が聞こえて、次のページでそれがなんの音なのか、種明かしがあるのですが、読むときに、前ページの「ブーブーブー」と後ページの「ブーブーブー」の声色を同じにするかどうか、ちょっと迷いました。ページを開くときに、少し間をおいてみると、聞き手の想像をふくらませ、次ページへの楽しみが増すのかもと思いました。
お話の最後はとってもほほえましい。子ぶたさんもそのお母さんもとっても幸せそうで、あたたかい気持ちになれました。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 敏雄さんのその他の作品

アントンせんせい あかちゃんです / ハロウィン!ハロウィン! / マロンちゃん カレーつくってみよう! / おしりだよ / げたにばける / みんなの くまくまパン



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

ブーブーブー どこいった

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット