30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
テオの家出
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テオの家出

作: ペーター・ヘルトリング
訳: 平野 卿子
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「テオの家出」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

家出の意味

少年テオの最初の家出の原因は両親の不和でした、酒飲みの父親と、母親の絶えぬ夫婦げんか。
自分が家出すれば夫婦仲は修復されるのではないか。
そんなストーリーを心に描いて家を飛び出した、最初の家出は冒険のような家出でした。
いろいろな人に出会い、巡り合った移動メリーゴーランドを経営する理解者のパパフンフンに諭され家に帰って見れば、夫婦は離婚していました。
二度目の家出は、知り合ったパパフンフンを訪ねての意図した家出。
今度は事件に巻き込まれて警察に補導されてしまいます。
夢想家のテオの悪意のない家出は、知り合った人や、巻き込まれた事件に翻弄されて、次にことを起こしたら施設に入れられるというところまでに発展していきます。
現実を受け入れるしかない自分と、自分の優しさとは全く別のところでテオを苦しめる社会。
非常にドライタッチの物語ですが、家族を考える上で様々なことを提示してくれました。
ヘルトリングが描く人間模様は、とても鋭い社会考察です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

出版社おすすめ


ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた / ヒルベルという子がいた / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート / ぼくは松葉杖のおじさんと会った

平野 卿子さんのその他の作品

もうなかないよ、クリズラ / ハイジ / 耳をすませば / 見えない道のむこうへ / どこにいるの、おじいちゃん? / 思いがけない贈り物



『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

テオの家出

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット