すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
かぜのかみとこども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぜのかみとこども

  • 絵本
文: 山中 恒
絵: 瀬川 康男
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月07日
ISBN: 9784577040317

4歳から
27×21cm 32ページ

みどころ

昔々、ある村で、大人はみんな田んぼへでかけて稲刈りをしていました。残った子どもたちがお堂のところで遊んでいると、見たことのない男がふらりとやってきて、「梨や柿がうーんとなってるところへ行ってみたくないかな?」と誘いました。子ども達が連れてって欲しいと頼んだので、男は子ども達を連れ、ごうっと風を起こして空高く舞い上がり、どこかの山の中へ。そこには柿や梨や栗がたくさんなっていて、子ども達は大喜び。ところが夕方になってあたりが薄暗くなると男は「用事があるからおまえ達だけで帰れ」と、どこかへ行ってしまいます。
暗くて、寂しくて、寒くて泣き出した子ども達は、山の中で見つけた灯りをたよりに家にたどり着きます。そこにはでぶでぶに太った大きなおばあさんがいて・・・。
こんなあらすじを読むと、恐ろしくて震え上がりそうですね。でも大丈夫。ちょっととぼけたタッチのイラストが、ほどよい緊張感と和んだ雰囲気を醸し出してくれます。絵の瀬川康男さんは『いないいないばあ』(童心社)や『ことばあそびうた』(福音館書店)のイラストで知られています。1972年初出作品の復刊ということで、味わい深い作品です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

おとなたちが田んぼにでかけてしまった村で、子どもたちが遊んでいると、見たことのない男がやってくる。
男は子どもたちを乗せて空を飛び、山へと連れて行くが、子どもたちを置いて去ってしまう。
困った子どもたちが、山を歩き、一件の小屋をたずねると、そこにいたのは、男の母である風の神だった。
月刊「キンダーおはなしえほん」1972年12月号初出。新潟などに伝わる民話絵本の復刊です。

かぜのかみとこども

ベストレビュー

風の神と南風と北風

新潟県に伝わる民話だそうです。
稲刈りで大人たちが留守の間に、遊んでいた子どもたちを、
見知らぬ男が誘い出し、なんと空を飛び、山に連れ去ります。
最初ははしゃいでいた子どもたちですが、そのまま山に置き去りにされて、
さあ大変!
とてもスリリングな世界です。
子どもたちが出会ったのは、風の神と南風と北風。
なんとなく、わかるような気がします。
瀬川さんの絵は、そんな不思議な世界を、独特の画風で盛り上げてくれています。
ある意味、子どもたちだけの世界。
そのことに、愛おしさを感じてしまいました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

角川つばさ文庫 ママは12歳 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家 / 角川つばさ文庫 おれがあいつであいつがおれで / 角川つばさ文庫 ぼくがぼくであること

瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版) / Smiley Face いいおかお (英語版)



困っているぼくのところに本物の神様が!

かぜのかみとこども

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット