貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ケンちゃんちにきた サケ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケンちゃんちにきた サケ

  • 絵本
作・絵: タカタカヲリ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケンちゃんちにきた サケ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月29日
ISBN: 9784774612614

19×24cm 32P

出版社からの紹介

●広い広い海を旅して、
生まれた川に帰ってくる魚、サケ。

ところが、一匹のサケが仲間とはぐれ、
狭い穴の中へ入り込んでしまいました。
無理矢理穴の中を進んでいって、
飛び出したところは…

なんとケンちゃんちのお風呂場!

「あとちょっとで、生まれた川に
 帰れると思ったのに…」
身をよじってさめざめ悲しそうに泣くサケを見て
ケンちゃんは、サケを川に返してあげようと
決めましたよ。


さあ、ケンちゃんは無事、サケを川に
連れていってあげることができるでしょうか…???


ケンちゃんのママ、魚屋のゲンさん、犬のシロ
三匹のノラネコトリオ、どろぼうさんと、おまわりさん。
みんなの追いかけっこが楽しい、愉快なお話えほんです!!

ケンちゃんちにきた サケ

ベストレビュー

この愛くるしいサケは酸欠にはならない。

鮭って美味しいですよね。私も好きです。だからママや魚屋さんが追いかけてくる気持ちもわかります。でもケンちゃんは純粋な子供だから、この自宅の風呂に迷い込んで来た鮭を川に戻してあげたい。その思いが可愛いじゃないの。もう、可愛くて涙が出ちゃう!
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


タカタカヲリさんのその他の作品

リトル・パパ / あやかし草子 現代変化物語 / フォア文庫 ふしぎ村のパールちゃん スターフェスティバルのゼリー / しあわせのウエディング・ケ−キ ふしぎ村のパ−ルちゃん



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

ケンちゃんちにきた サケ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット