大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
あたし ゆきおんな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたし ゆきおんな

  • 絵本
文: 富安 陽子
絵: 飯野 和好
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月22日
ISBN: 9784494007653

3歳から
B5判 26.6×19.1cm
32ページ

関連書籍
わがはいはのっぺらぼう

この作品が含まれるテーマ

みどころ

笑いが止まらなかった第一作目『わがはいはのっぺらぼう』とはうって変わって、自然界の美しさとおそろしさを感じる「怪談えほん」です。
でもそこは飯野和好さんの絵と富安陽子さんの文!
おそろしいんだけど美しい、口をとがらして踊る様子はなんだか可愛いゆきおんな。
春が来るといつしか消えてしまうゆきおんな。

ほうら、もう ぎんいろにかがやく ながいかみの
ひとすじまで くっきりとみえるよ
しろいきものに、きんのおび。
つめたいひとみは あおくかがやき、
くちびるは、ゆきにさく さざんかみたいにあかい。
そうさ、これがゆきおんなというものさ。

濃紺の闇に舞う吹雪。
ひゅーっびゅおおぉーと雪が吹きつけ、バタバタと戸口が鳴る音が聞こえてきそうです。囲炉裏端でおばあちゃんが声をひそめ語るのを、息をのんで聞きいる子どもたち。背中がぞわぞわして・・・そんな様子が目に浮かびそう。

こんなこわそうな絵本、うちの子にはとても・・・、と思われますか?
いえいえ、子どもって、こういう絵本、実は大好き!だと思いますよ〜。
この磁石のような力・・・子どもには伝わるに違いありません。
何より、富安陽子さんの言葉からはまるですぐそこにだれかがいるような体温を感じるんです。
一度読んでみると、最初は知らん顔をしていても、心のどこかで気になる絵本。
そんな存在になりそうな絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

あたし ゆきおんな

出版社からの紹介

北風が山をふきぬけ、風がひゅーるひゅーると歌いながらダンスを踊るうちに…白い影がふわりとたなびくと、ほうら、ゆきおんなが生まれるんだよ。
冷たいひとみは青く輝き、唇は雪にさくさざんかみたいに赤い。
ある夜、ゆきおんなは人間の家を見つける。そして音もなく近づいて…。
冬の厳しい寒さ、やがて訪れる春。美しい山の風景とともに、ゆきおんなの恐ろしさやはかなさが描かれます。

ベストレビュー

語り口調がとても心地よく感じました

雪の降る夜に、寝つけない子どもにとつとつと語り聞かせるおぱあさん。
そんなシチュエーションが想像されるような一人語りの世界です。
その語り口調が、声に出してみると自分の耳にもとても心地よく響いて来ました。
物語性のある内容ではないのですが、飯野さんの泥臭い絵が 味わいを深めていて、納得感のある絵本でした。

私は何となく、最後に語りを加えて見たくなりました。
「おや、この子ねちまったよ。」
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども / 日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家

飯野 和好さんのその他の作品

日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ / かぞえる



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

あたし ゆきおんな

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット