ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あっぱれじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あっぱれじいちゃん

  • 児童書
作: 竹内 もと代
絵: 篠崎 三朗
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年08月
ISBN: 9784338192033

小学校低学年から
A5判/63ページ

出版社からの紹介

夏祭り、じいちゃんは、たいちゃんを連れてにぎやかな夜店へくりだします。そこで、ぼん踊りが始まると、じいちゃん大はりきり。

ベストレビュー

あっぱれ!

Z会の国語の問題文の中にこの物語が引用されていたので
図書館から借りてきて読みました。
引用されていた文だけでも十分素敵だったのですが、全体を
通して読むともっと物語が濃くなっていいですね。
主人公のたいぞうくんや、じいちゃんの様子もしっかりわかる
ので、よりいっそう物語に引き込まれていきます。
江戸っ子って感じのきっぷのいいじいちゃんなのだろうな。
・・と思って、はっとしたのですが、大阪ですね(笑)。
大阪というと、どうも大阪のおばちゃんの人情味溢れるイメージが
一番最初に浮かんでしまうのですけど、男性でも人情味溢れる
感じであっぱれだったりするのだなあって思いました。
かわちおんどは、どんな風に踊るのか実際に踊っているところを
みてみたくなりました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

竹内 もと代さんのその他の作品

ふしぎねこりん丸 / イチゴがいっぱい / 小道の神さま / 土笛 / ゆりあが出会ったこだまたち / キジ猫キジとののかの約束

篠崎 三朗さんのその他の作品

アラビアンナイト / ツバメのおんがえし / 戦争と平和のものがたり(4) ヒロシマの歌 / りんごの花がさいていた / 大久保利通 / TOKYOステーション・キッド



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

あっぱれじいちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット