貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ちんころりん 高知の昔話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちんころりん 高知の昔話

  • 絵本
再話: 中脇 初枝
絵: ささめや ゆき
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちんころりん 高知の昔話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月

ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 2011年10月号

出版社からの紹介

おばあさんは川で金色に光るひつをひろいました。家に帰ってあけてみると、中から出てきたのは、目がひとつ、口がふたつのおばけでした。おばけは「ちんころりん」ときれいな声でうたいながら、「下駄をはかせてほしい」、「鍬を持たせてほしい」とお願いばかりします。そのたびにおばあさんはおばけの頼みをきいてやります。すると……。なんともゆかいな、高知に伝わる昔話。

ベストレビュー

おもしろい昔話

ちょっと怖くて、でも、面白い、そして、最後には、ハッピーエンドという、幼い子に向く、昔話です。
声のとてもきれいな、おばけってどんなおばけだろう?
子どもたちにも、自由に、想像してほしいから、素語り(ストーリーテリング)として、語ってもよさそう。

(るるこるさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

中脇 初枝さんのその他の作品

ちゃあちゃんのむかしばなし / 女の子の昔話 日本につたわるとっておきのおはなし / ポプラ文庫ピュアフル 祈祷師の娘 / きみはいい子 / あかいくま / 日本名作おはなし絵本 ゆきおんな

ささめや ゆきさんのその他の作品

かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / さっ太の黒い子馬



『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

ちんころりん 高知の昔話

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット