だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
まんまるねこ ダイナ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まんまるねこ ダイナ

作・絵: 西村 香英
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「まんまるねこ ダイナ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784097278016

出版社からの紹介

自分が猫だと知らなかった猫の小さな冒険
やさしい家族にかわいがられ、まんまるに太った猫のダイナ。ある日窓から落っこちて、初めて外の世界の冒険に。ユーモアあふれる文と絵を通して、自分の居場所、家族の意味、家庭のあたたかさを知ることができる絵本。

ベストレビュー

インパクトがありました。

今年が戌年というのもあって、本屋も図書館も犬のコーナーが幅をきかせていますが、あえて猫の絵本を探してみました。
家族にかわいがられすぎて、まんまるに太った猫のダイナ。
生まれてこのかた外には出たことがなかったのですが、ほんの偶然と気まぐれで、家の外へ出てしまったら、次々起きるアクシデント。
自分はどこの誰なのか、どこに帰っていいのか、進めば進むほどわからなくなっていくダイナから目を離せませんでした。
可愛い絵本の中の「自分探し」の旅。
あまり難しいことを考え素にいろんな世代の人に読んでもらいたいです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 香英さんのその他の作品

そのままのキミがすき



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

まんまるねこ ダイナ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット