となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
パパとわたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパとわたし

  • 絵本
作: マリア・ウェレニケ
訳: 宇野 和美
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月20日
ISBN: 9784895728461

3歳から
A4変型判 31ページ

みどころ

”ときどきね パパと いっしょに いたくなる だけど パパは わたしと いたくない ときもある”
その逆もあるし、二人とも一緒にいたいときもある。
パパと一緒で嬉しいこと、パパが教えてくれること。
一緒にいても、何も言わないときもある。
ときどき、わたしは遊びたいのに、パパは遊びたくない。
ときどき、パパは話したいのに、わたしは話したくない。
そんなパパと娘の微妙な関係を詩的に綴ります。
「わたし」は思春期の女の子でしょうか。はっきり言えないけれど、なんとなく、でも確かに感じる気持ちを、うまく表現されています。
思春期の娘を持つパパに。今そうである女の子に。
そしてかつてそうだった大人のみなさんに。
ちょっと大人の絵本です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

時々、わたしはパパと一緒にいたくなる。だけど、パパはわたしといたくない時もある。
時々、パパはわたしと話したいのに、わたしはパパと話したくない。
ただ一緒にいるだけでわかりあえる、微妙で不思議な父と娘の距離感を見事に描いた絵本です。

パパとわたし

ベストレビュー

父と娘の距離感

娘から見た父親の位置、娘が感じる父親からの距離感、さりげなく父と娘の家族関係が綴られています。
手の届く位置にいることが、何だか微笑ましく感じました。
大好きなお父さんだけど、自分にも自我か芽生えます。お父さんさんにもお父さんの生活があります。
描かれた私が何歳位か分からなかったのですが、いつまでもこの距離感を大切にできる父娘でいて欲しいと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宇野 和美さんのその他の作品

ちっちゃいさん / だいじょうぶカバくん / うるわしのグリセルダひめ / かぞくのヒミツ / ふたりは世界一! / ボンバストゥス博士の世にも不思議な植物図鑑



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

パパとわたし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット