30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
シャオユイのさんぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シャオユイのさんぽ

  • 絵本
作: チェン・ジーユエン
訳: 中 由美子
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月12日
ISBN: 9784895728560

4歳から
B5変型判・34ページ・4色刷り

みどころ

母さん、きょうは、ざんぎょうだ。
ゆうはんは、父さんが、たまごチャーハンつくるからね。
ついでにたまごをかってきておくれ。

おつかいをたのまれたシャオユイ(「小魚」という名の女の子)は、猫のあとについて、屋根の影の上をあるいたり、青いビー玉をひろってのぞいたり。
木の下にメガネをみつけて、かけてみたら、母さんのよう。
そのまま路地裏の雑貨屋にとうちゃくすると
「ハロー、ごしゅじん。たまごちょうだい。
ゆうはんにたまごチャーハンつくって、夫と子どもにたべさせたいの。」
と、なりきります。

雑貨屋のご主人の対応が素敵です。
昔はどこの路地裏でも、こんなあたたかいやりとりが、そこかしこで見られたのかもしれません。

壁色というのでしょうか。くすんだ濃い黄土色が全体の基調になっていて、セピアのように懐かしい感じをかもし出しています。人物の表情も素敵。
この絵本を描いた、台湾の作家、チェン・ジーユエンは1975年生まれ。97年より台北市在住。
訳者の中由美子さんは、中国・台湾・香港の児童文学を紹介している方。
日本でチェン・ジーユエンさんの絵本発刊はこれが初めてだそうですが、他の作品も読んでみたい!

母さんになりきる、かわいいシャオユイ(小魚)に共感できるのは、もしかしたら、6〜7歳くらいからかもしれません。
小学校1年生で学ぶくらいの簡単な漢字が少し使われていますが、ルビがふられています。
色合いといい、風合いといい、全体的にしみじみとして滋味が感じられます。
子どもにも大人にも読んでほしい絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おつかいに出たシャオユイは、小さな遊びをくり返しつつ散歩を楽しむ。
ビー玉をとおして見ると、世界は青い海のよう……。
日常のなかのしみじみとした幸せを描いた台湾の絵本。
読んだあと、ふらりと散歩に出かけたくなりますよ!

ベストレビュー

この女の子は「小魚」って名前なんですね!

静かな雰囲気の漂う絵本です。主人公の女の子が、お母さんの真似をしてお店の人とお話をしている様子は何とも可愛らしいですね。どこにでもいる、ごく普通の女の子の日常の1コマを切り取ったような作品です。台湾が舞台なんですね!
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中 由美子さんのその他の作品

父さんたちが生きた日々 / 海のなかをはしった日 / 火城 / パオアルのキツネたいじ / チュンチエ〜中国のおしょうがつ〜 / 日・中・韓平和絵本 京劇がきえた日



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

シャオユイのさんぽ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット