クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
さんねんねたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さんねんねたろう

  • 絵本
作: ダイアン・スナイダー
絵: アレン・セイ
訳: もりた きよみ
出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

「さんねんねたろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

やられました 太郎のずるがしこい知恵には

私が知っていた さんねんねたろうの お話しとは違いました。

このお話しを 語りでききました (えっ?)と思いすぐに絵本を読みました
ダイアン・スナイダー作  * アレン・セイ絵 なんと外国の人の作品だったのです
絵がなかなか 緻密で うまく日本の長屋の様子が描かれていて
さすがよく学ばれていると思いました
お話しも なまけ者の太郎が 悪知恵を働かせて かねもちの商人をうまくだまして  氏神様のおつげだと 商人の娘を嫁にもらい幸せに暮らす  めでたしめでたしのお話しですが・・・・

おっかさんの存在もおもしろく描かれていて笑えます

このお話の後書きを見れば なぜ このような お話しができたのかが良く分かります
昔の農民は 士農工商という身分制度の上では 武士の次の位なのに  貧しさから逃れられずに暮らす農民のいらだち 知恵がおもしろく描かれています

人間平等にはほど遠い 世の暮らしへの人々の願いを感じます

おもしろいお話しでした

皆さんも是非読んでみて下さい!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

アレン・セイさんのその他の作品

紙しばい屋さん / おじいさんの旅 / はるかな湖 / じてんしゃのへいたいさん



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

さんねんねたろう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット