貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
It’s a Book
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

It’s a Book


ベストレビュー

漫才!?

このお話は近代的なうさぎと、アナログな猿のお話でした。あっ、忘れてました。小さなネズミもいました。うちの子は日本語としてもわからない単語もいくつかあったので、内容を理解するのに少し苦労していたのですが、二人のやり取りが私は漫才的だと思ったのですが、それがよかったのか、たのしんで見ていました
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ




『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

It’s a Book

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット