アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
千年もみじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

千年もみじ

  • 絵本
文: 最上 一平
絵: 中村 悦子
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年10月27日
ISBN: 9784406056298

A4変型上製

出版社からの紹介

千年もみじをあおぐと、体の中まで紅い色にそまりそうだった――

春は緑に秋には紅く、息をのむ色にそまる千年もみじ。
じいちゃんのにいちゃんは、戦争にいく前、山へ千年もみじに会いにいった。
南方へ連れて行かれ、そのまま帰ってこなかったにいちゃん。
今年も千年もみじはみごとに紅葉した。
「生きているってすごい」――じいちゃんの話を聞きながら、ともあきは幹にそっと耳をあてた。

ベストレビュー

心に染み入るような絵本です

透明感のある、心洗われるような、詩画集のような絵本ですが、書かれている話はとても重い内容でした。
戦争に行って帰ってこなかった当時21才の喜一さんは、どんな思いで千年もみじと会話していたのでしょうか。
過疎の村の山に人知れず立っている千年もみじと、孫世代のともあきはどんな出合いをしたのでしょうか。
戦争の記憶を静かに語りながら、とても澄んだ気持ちにさせてくれる絵本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最上 一平さんのその他の作品

たぬきの花よめ道中 / 飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき / 三月十日の朝 / おかめ ひょっとこ

中村 悦子さんのその他の作品

庭師の娘 / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / ミンティたちの森のかくれ家 / かあさん どうして / 三つ穴山へ、秘密の探検 / 風のラヴソング完全版



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

千年もみじ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット