くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
つるのおんがえし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つるのおんがえし

  • 絵本
文: 石崎 洋司
絵: 水口 理恵子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784061325340

5・6歳から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


よみきかせ日本昔話大賞決定!

出版社からの紹介

ある寒い朝のこと。山奥に住む貧しい若者が、わなにかかった鶴を助けてあげました。
その日の晩、若者の家に娘が訪ねてきて……。せつなくも、美しい昔話。
おはなしもうひとつは、「ふるやのもり」。

つるのおんがえし

ベストレビュー

切なさでいっぱいです

つるを助けた心優しい男が、可哀想で可哀想で仕方ありませんでした。
貧しくても、二人は幸せだったのに…

お互いを思いやる心が切なくて、胸がきゅーっとなりました。

そして殿様の無茶な命令にも嫌な顔ひとつせず、はたを織り続ける健気なつるに、また胸が締め付けられ…

最後、飛び去っていくつるを呆然と立ち尽くしながら見つめている男の姿が、美しくてとても印象的でした。

決してハッピーエンドではないけれど、優しさが溢れる作品だと思いました。
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石崎 洋司さんのその他の作品

絵本・世界の名作 ドン・キホーテ / 仮名手本忠臣蔵 / 講談社青い鳥文庫 6年1組黒魔女さんが通る!!(2) 家庭訪問で大ピンチ!? / ポプラ世界名作童話(11) ふしぎの国のアリス / 講談社青い鳥文庫 6年1組黒魔女さんが通る!!(1) 使い魔は黒ネコ!? / 黒魔女さんが通る!!

水口 理恵子さんのその他の作品

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(16) ラプンツェル



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

つるのおんがえし

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット