貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ゲンコとひょう太のなかなおり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゲンコとひょう太のなかなおり

  • 絵本

出版社: 実業之日本社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゲンコとひょう太のなかなおり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

黒ねこのゲンコと白ねこのひょう太は、ふたごなのに、見た目も性格も大違い。小さな不満がつもって、ついに…。NHKアニメ「リトル・チャロ」のスプーキーグラフィックがつむぐ、話題のハートウォーミング絵本。

ベストレビュー

ケンカしても、いないと寂しい

白犬ひょう太はいつも黒犬ゲンコに迷惑をかけてばかり。でもある日怒ったゲンコから逃げるひょう太。隠れてやりすごしますが、お互い、そうこうするうちに、お互いがいないことを寂しく思い始め、仲直りをする。

ほのぼのしていてなかなか良い話です。友達でも、キョウダイでもこういうことってあると思うので、仲直りの参考になりそうです。

絵が何か見覚えがあるなと思っていたらアニメの「リトル・チャロ」の作者さんだったらしいので納得。

(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゲンコとひょう太のなかなおり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット