サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
講談社 雲の花嫁 フェンネル大陸 偽王伝 (6)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社 雲の花嫁 フェンネル大陸 偽王伝 (6)

著: 高里 椎奈
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥648 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月15日
ISBN: 9784062771863

サイズ:A6判 ページ数:340

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

民に絶対服従を強いる、非道の国・シスタス。
国も民も持たない“偽王”フェン。
民に慕われし、雲の国・ラビッジの女王ローゼル。
戦乱の先にあるのは、闇か、夜明けか?

世界を支配せんと目論む大国シスタス。これに叛逆する意思を固めたフェンは、自らを“偽王(ぎおう)”と名乗り、たった三人でシスタスに潜入する。そして、そこで知ったのは、困窮するラビッジ王国を一から建て直した若き女王ローゼルの悲劇。さらに、現ラビッジ王リノが主導する小国連合に、再びシスタス軍が侵攻を開始

ベストレビュー

とうとうシスタスに入り、、、

フェンがシスタスにとうとう入り込みます。市民のために犠牲となるテラス親子を助けようとして苦しむフェン。シスタスのハネイ将軍まで味方につけ、フェンは戦う。

誰かの犠牲の上にたつ幸せは本当に幸せだろうか?いろいろ考えてしまう話です。

今回は、ラビッジをシスタスが攻めないわけと、リノの悲しみも描かれていてなかなかすばらしい作品だと思います。登場人物の悩みも身近にありそうなものなので、子供向けファンタジーながらとても面白く、大人にもおすすめです。

フェンが14歳なので中学生以上くらいにおすすめ。小学校高学年でも読めると思います。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

高里 椎奈さんのその他の作品

講談社文庫 終焉の詩 フェンネル大陸 偽王伝 (7) / 講談社文庫 風牙天明 フェンネル大陸 偽王伝 (5) / 講談社文庫 闇と光の双翼 フェンネル大陸 偽王伝 (4) / 講談社文庫 虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (3) / 講談社文庫 騎士の系譜 フェンネル大陸 偽王伝 (2) / 講談社文庫 孤狼と月 フェンネル大陸 偽王伝 (1)



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

講談社 雲の花嫁 フェンネル大陸 偽王伝 (6)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット