しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
かあさんのこもりうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあさんのこもりうた

  • 絵本
作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「かあさんのこもりうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784323024455

幼児〜
23.6×24.6cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

いつもぼうやをだっこして子守歌を歌ってくれる母さんぐま。
隣の部屋では、その歌声を聴きながらにいさんぐまやねえさんぐまも気持ちよく眠っています。
外では、まねっこ鳥が森のてっぺんの木から母さんぐまそっくりの声で歌い始めるのです。

ある日、みんなの住む森に大きな嵐がやって来ました。
いち早く黒雲を発見したまねっこ鳥は大きな声で叫びますが、
いつもまねっこばかりしているその声を信用せず、誰も逃げるものがいなかったのです。
りんごの実をつむのに夢中だった母さんぐまは、とうとう家には戻りませんでした…。

それから毎日泣いてばかりだったぼうや、そんな弟をなぐさめながらも
元気をなくしていくねえさんぐまとにいさんぐま。
その時、外から聞こえてきたのは…
♪だいすき だいすき だいすきよ♪
♪いつも いつでも いっしょなの…♪

大好きだったお母さんとの突然の別れ。
この悲しみの大きさを語ることはできません。
でも、たとえ会うことはできなくても、お母さんからの愛情や思いが違う形で届くことがあります。
その思いを受け取ることで、子どもたちの心は強く、そしてやさしくなれるのかもしれません。

この絵本は、東日本大震災でお母さんを亡くした女の子とその兄弟たちに、
天国のお母さんから一通の手紙が届くという実際にあった奇跡から生まれました。
お母さんから届いた家族への思い、深い愛情。
そして、こんのひとみさんと、いもとようこさんの強い思い。
たくさんの気持ちが込もったこの絵本が、一人でも多くの子どもたちの心に届きますように。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

かあさんのこもりうた

出版社からの紹介

いつも子守歌を歌ってくれる母さんぐま。外ではまねっこ鳥がまねして歌っていました。
ある日、嵐をよぶ黒雲を発見したまねっこ鳥はみんなに知らせますが、誰もその声を信用せず、でかけていた母さんぐまはついに戻りませんでした。
元気をなくした子ぐまたち。その耳に母さんの子守歌が聞こえてきます。

ベストレビュー

現実のお話だそうです

途中からとっても悲しいお話になってしまいました、、

いもとさんの文章がまた涙を誘います。

東日本大震災が背景にあります。

なくなってしまったお母さんのことを思い、

寂しさがあふれる内容でした。

日本にとって悲しい出来事だったあの日。

他人事と考えずにしっかり受け止めたいと

改めて思いました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こんの ひとみさんのその他の作品

てんこうせいはつばめくん / ありがとさん♪ / こぐまとめがね / いつもいっしょに / くまのしんぶんきしゃ / くまのこうちょうせんせい

いもと ようこさんのその他の作品

ピノキオ / きつねのがっこう / ながぐつをはいたねこ / おふろ / おにはそと!ふくはうち! / 十二支のはじまり



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

かあさんのこもりうた

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット