ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
鬼の首引き
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鬼の首引き

  • 絵本
作: 岩城範枝
絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784834021806

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鬼の娘が初めて人を食べる「お食い初め」。その餌食となった若者が、食われまいと策を労する機転とかけ引きのおかしさ。若者は、たくさんの鬼と首引きの勝負をする羽目に。狂言から生まれた壮快な絵物語です。

ベストレビュー

えっ?!終わり・・

娘とわくわく読み進めたのですが
若者が逃げたところで終了・・。
娘と私は「このあと恐ろしい鬼の反撃がもう一回あって・・」などと
ストーリーを想像していたので
ページをめくり
「あれっ?終わった・・」と
呆然としてしまいました・・。

物語としては、これでもいいんですけど
欲を言えば、もう一波乱ほしかった。

若者の「どうせなら姫に食われたい」という言葉は
まったくいつになっても、男ってのはっっなどと娘と憤慨しつつ
なんとなく、このあとコント形式に移行していくには
すばらしいフリだと
関西人として、ついついニヤついてしまいました・・。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩城範枝さんのその他の作品

すみ鬼にげた / 木の実のけんか

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない / こぶたのぶうくん / モグモグでんしゃ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

鬼の首引き

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット