宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
だれのあしあと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれのあしあと

  • 絵本
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784477019826

A4変型判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あてっこするのが楽しいと子どもたちに大人気!
雪がしんしんと降っています。ねずみくんは、うれしくて外に飛び出しました。すると、おもしろい足あとが!
ブタはハート型、ウサギは、ぴよーんと跳ねている足あと・・・・。かわいらしい動物たちと、あたたかいスープをいただきます。

だれのあしあと

ベストレビュー

雪の日の温かいスープ

かわいくて、安心して与えられる印象の絵本です。
雪が降っているモノクロームの世界、白い雪の上に
かわいい足あと。
どうぶつによって、あしあとが、それぞれちがうことを知るのは
とても楽しいことだと思います。
最後にネズミさんのママが、おいしいスープに、みんなを招待してくれるのもうれしいです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


accototo ふくだとしお+あきこさんのその他の作品

あいうえ おりょうり めしあがれ / ちがうちがう / ポポくんのひみつきち / あいすくりーむにありをのせたらあいうえお / あるこう あるこう あるこうよ / あかいのあつまれ



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

だれのあしあと

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット