雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ババールとりのしまへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ババールとりのしまへ

作・絵: ロラン・ド・ブリュノフ
訳: やがわ すみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784566000063

幼児〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

鳥の国にしょうたいされた、ババールやこどもたち。そこは海にうかぶ緑の島で、花火のようにうつくしい鳥たちがたくさんすんでいた。だちょうのレースを見物したり、鳥の背にのって空をドライブしたり…。鳥の国って、ほんとうにすばらしい!

ベストレビュー

とてもキレイでした。

鳥の島へ行ったババール一家。
今回は、珍しく、アルチュールがお留守番です。
でも、ババールの子どもたちが、とっても楽しそうに遊んでいるところに、うちの子達も目が輝いていました。
色とりどりの鳥たち。
楽しそうなレース。
ちょっとどきっとしたこと・・・。
子ども達が夢中になって、絵本に見入っていました。
でも、最後に、お別れのときは、寂しかったのか、ちょっと表情が曇っていましたが・・・。
うちの子たちも、ババールたちと一緒に、とりのしまで楽しんでいたようでした。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロラン・ド・ブリュノフさんのその他の作品

セラフィナせんちょうになる / キリンのセラフィナ / ババールとおちびのイザベル / ババールのどろぼうをさがせ! / ババールのたんじょうパーティー / Babar’s Yoga for Elephants (ババールのヨガ 洋書版)

やがわ すみこさんのその他の作品

クリスマス・イブ 新版 / てんごく / カスペルとぼうや / イソップのお話から / グランドアルバム ぞうのババール3 おうさまババール / グランドアルバム ぞうのババール4 ババールのこどもたち



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ババールとりのしまへ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット