くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
12分の1の冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

12分の1の冒険

  • 児童書
作: マリアン・マローン
訳: 橋本恵
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784593534739

19.7×14.0cm 344ページ

課題図書すばこ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

シカゴ美術館に展示されているミニチュアルームは、実物の12分の1で完璧に再現されている。
ルーシーたちは、その中に入っていける魔法の鍵を手に入れ、思いがけない冒険をすることに……。

ベストレビュー

不思議な冒険(10歳娘の感想代筆)

このお話は主人公のルーシーとジャックがシカゴ美術館に
展示されているソーンミニチュアルームの魔法の鍵を拾って
タイムスリップや冒険をする物語です。
(実際にあるモノとフィクションが交差しています。
ミニチュアルームを作ったソーン夫人は実在しています。)

私が凄いと思ったのは、ソーンミニチュアルームを作った
ソーン夫人です。題名の通り実物の12分の1の大きさで
本物さながらにミニチュアルームが作られているからです。
本物のアンティークやそのアンティークがあることで部屋の外に出て
タイムスリップが出来たりします。

ミニチュアルームを通してその作られたミニチュアルームの
時代背景が分かるので、面白かったです。

12分の1の冒険はシリーズなので続編も読んでみて下さい。
(かわゆいゆいさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリアン・マローンさんのその他の作品

12分の1の冒険(4) 魔法の鍵の贈り物  / 12分の1の冒険(3) 海賊の銀貨 / 12分の1の冒険 (2) 消えた鍵の謎

橋本 恵さんのその他の作品

ファインディング・ゴビ / クリスマスサウルス / SUPER!YA 恋するぷにちゃん / カーシア国3部作(3) ねらわれた王座 / 魔法が消えていく…… / カーシア国三部作(2) 消えた王



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

12分の1の冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット