貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ルドルフとスノーホワイト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルドルフとスノーホワイト

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 杉浦 範茂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784061335226

サイズ:A5判
ページ数:230

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

日本一有名なノラねこが帰ってきた!
「ルドルフとイッパイアッテナ」から25年、前作「ルドルフといくねこくるねこ」から10年――。
ロングセラー「ルドルフ」シリーズ、待望の第4巻では、ちょっぴり成長したルドルフたちが活躍します。

ルドルフの仲間、ブッチーに子ねこがうまれた。
そのうちの1匹、チェリーが行方不明に。
チェリーは、かつてトラックに乗って東京にやってきた、ルドルフにあこがれていた。
ということは、ひょっとして……? 
ルドルフは、隣の隣の町をとりしきるめすのボスねこ、スノーホワイトといっしょに、チェリーの捜索に出かける――。

ちょっぴり成長したルドルフたちが活躍する「ルドルフとスノーホワイト」は、小学生読者はもちろん、かつて愛読者だった大人たちも感涙の一冊です。

ベストレビュー

五巻もあるのかな

最新刊が出たということで、早速読み聞かせと思ったら、借りてきたらすぐに息子が一人で80頁ほど読んでいました。

そこから読み聞かせを任されたので、何が何だか?息子は「題にスノーホワイトとあるのに、スノーホワイトが全然出てこない」と言っておりました。

私も息子がいない時に一人で隙間を埋めてようやく話がつながりました。

これまでの三巻、めずねこがメインに出てくることはなかったなあと思いつ、このスノーホワイトがどんな形でルドルフと絡んでくるのか楽しみでもありました。

度胸もあり、あねごという感じのするスノーホワイトはかっこいい。けんかも強いですしね。

一章ずつ読み聞かせしたいところでしたが、続きが知りたいらしく、四章から五章まとめて読み聞かせたので、早いペースで読み切りました。

四巻が出たということは、これから五巻もあるのかな。これから先はルドルフのロマンスなんてこともあるのかな?と想像が膨らむ最新刊でした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ナツカのおばけ事件簿 (16) 図書館の怪談 / 西遊記(12) 珠の巻 / おやすみなさいの おともだち / ふしぎなどうぶつランド / ふしぎな のりものずかん

杉浦 範茂さんのその他の作品

ニルゲンツものがたり へんてこだより / ピノキオ / 読書リレー(3) 5〜6年生 カリカリ症候群  / 絵本の絵を読み解く / こめかくし / ぽたぽた



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

ルドルフとスノーホワイト

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット