だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼうぼうあたま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼうぼうあたま

  • 絵本
作: ドクトル ハインリッヒ・ホフマン
出版社: 教育出版センター

本体価格: ¥1,456 +税

「ぼうぼうあたま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

※絶版です。
復刻版はこちら>>>

ベストレビュー

ドイツ版のマザーグースみたいな感じです。

図書館で、この表紙絵に惹かれて思わず借りてきてしまいました。
もう、この《ぼうぼう頭》を描いた『ぼうぼうあたま』すごくすごくインパクトあります!

副題には《おもしろいはなしとおかしなえ》と書いてありますが、まさにその通りでした。

絵本の中には10話の短い可笑しいというか、ブラックユーモアのある話が載っていて、それぞれにおかしな(変な)挿し絵がついています。
これはハマる人はハマってしまうと思いますよ〜。
1つ1つがとても短い話なので、5,6歳くらいからのお子さんになら、寝物語などに読んであげてもいいかと思います。
あまり小さいお子さんだと、話の設定そのものが理解できないと思うので、お薦めしません。

印象は「マザーグースの歌(詩)」みたいな感じです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ぼうぼうあたま

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット