ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
生きるぼくら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

生きるぼくら

  • 絵本
作・絵: 原田 マハ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから3人は前を向いて歩み始めた…。収穫の時、それぞれの心に温もりが実る。

ベストレビュー

ちっぽけなぼくら

大人向けの本だと思っていたので、絵本ナビに登録されていてビックリしました。
でも、確かに本が好きな子なら高学年〜中学生でも読めそうです。

普段、何気なく生活していると、目の前のこと、自分の身の回りのことにいっぱいいっぱいで、余裕がなくなったりするが、改めて宇宙があって、太陽があって、地球があって、その壮大なうねりによってちっちゃなちっちゃな人間が生かされているんだという、当たり前のことに気付かされた本です。
あらすじを読むと、とてつもなく暗い話ではないかと思いましたが、実際には前向きに、明るくなれるお話です。
自然っていいな、生き物っていいな、と思え、米は無理だけど、何か作物を作りたくなりました。

子どもが大きくなったら、是非進めたい一冊です。
(ヤキングさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原田 マハさんのその他の作品

旅屋おかえり / 本日は、お日柄もよく



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

生きるぼくら

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット