にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
子ギツネたちのゆくえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子ギツネたちのゆくえ

  • 絵本
作: マイケル・モーパーゴ
訳: 沢登 君恵
出版社: ぬぷん児童図書出版

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子ギツネたちのゆくえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年12月
ISBN: 9784889751383

A5

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

冬のある寒い朝、ひとりの赤ちゃんがカーネーションにくるまれて、警察に届けられた。ビリーと名付けられた赤ちゃんは、孤児院で育てられた。でもビリーは、孤児院でもはみ出しっ子だった。里子に出されても、いつもまた孤児院に送りかえされた。そんなビリーが、メリーおばさんの家だけからは追い出されたくないと思った。その家の近くに荒れ地があり、白鳥やキツネたちと仲よしになり、生まれてはじめてビリーは、愛することの喜びを知ったからだ。でもビリーの愛したキツネたちは町の人に殺されてしまった。一匹だけ残った子ギツネの命を守るため、ビリーと子ギツネの旅がはじまる。どこかにいるビリーの本当のお母さんのやさしい思いのように白鳥はいつもビリーを見守ってくれている。生長した子ギツネは自分のしあわせを求め、野性にかえっていこうとする。子ギツネと別れる日、愛することと愛されることの喜びと悲しみを知ったビリーに、やがてすばらしい幸せが訪れる。

ベストレビュー

モーパーゴの初期の作品ですが…

モーパーゴの初期の作品ですが、人間愛と問題意識は今の作品につながる基礎をしっかりと感じさせてくれました。
捨て子の赤ん坊につけられた名前はビリー・バンチ。
人の愛情を知らないまま育っていきます。
そのうえ吃音は周りのクラスメイトからも先生からも馬鹿にされます。
そのビリーが心を許せたのは親を失った子白鳥。
その子白鳥が育っていくと、親を失い一人ぼっちになった子ギツネが唯一の友だちとなります。
文章にあるようにビリーも子ギツネそのものでした。
里親から逃げ出して、子ギツネとの流浪の旅。
暗い物語だと思っていたら、少年は人の愛を学び、子ギツネを野生に戻す転機がおとずれました。
最後まで読むと、氷のような世界が人の愛情で溶けていきます。
なんで絶版なのでしょう。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

出版社おすすめ


マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

図書館にいたユニコーン / ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / 走れ、風のように / 月にハミング / だれにも話さなかった祖父のこと / ロバのジョジョとおひめさま



『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

子ギツネたちのゆくえ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット