ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
まんげつのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まんげつのこどもたち

  • 絵本
作: 軽部武宏
出版社: イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年01月16日
ISBN: 9784781609157

3歳以上
25.7×21.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「あ、なんか怖い。でも目が離せない・・・。」
この絵本を一言で表現してしまうとこんな感じでしょうか。最初は躊躇しながらも、そこに広がっている夜の世界の魅力にあっという間に惹きこまれていく子どもたちの様子が目に浮かぶようです。

物語はこんなつぶやきから始まります。
「満月の夜がきた。さあ、出発しよう」
空には怪しく輝く満月。どこから来たのか、それぞれの家から子どもたちがそっと出てきます。その顔は月の光に照らされて少し青白く、その移動は大人が全く想像もつかない方法で、どこかの同じ方向に一直線に進んでいくのです。良い子はぐっすり寝ている時間、起きているのは僕らだけ。
その先にはいったい何が待っているのでしょう?

『大接近!妖怪図鑑』『ちょうつがい きいきい』などの奇妙で幻想的な絵で話題となっている軽部武宏さん。この『まんげつのこどもたち』では更にその美しさと独特な世界観に磨きがかかり、「夜の絵本」というジャンルの味わいを改めて意識させてくれるのです。
“怖さ”に敏感な子どもたち。でも真っ暗な闇の世界のワクワクは、昼の明るい時間のそれとはまたちょっと趣が違うということも察知してしまうのでしょうね。ひみつを共有している仲間というのもまた特別です。
「この子たちは普段どんな生活をしているのだろう」「どうしてクマやタヌキが一緒なんだろう」
そんな疑問に考えを巡らせるのは大人の楽しみ方なのでしょうか。でも、それもこの絵本に入り込んでしまっている証拠ですよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

まんげつのこどもたち

出版社からの紹介

「満月の夜がきた。さぁ、出発しよう」
満月が妖しく輝く夜、家をそっと出て行くこどもたち。
その向かう先にはなにが待っているのでしょう?
闇の絵の名手、軽部武宏の新境地!奇妙で幻想的で美しい、夜の絵本の新たなスタンダードの登場です。

ベストレビュー

まんげつのできごと

独特な雰囲気に誘われて、読んでみました。
まずは、木を見上げて、ニタニタ笑うおじさんの顔。
そして、満月の夜、子どもたちはどこへ出かけていくのでしょう。
色々なスタイルで、ひとつの方向へ向かっていく子どもたち。そして、動物たちも一緒に…
何もかも不思議な世界。
そして、おじさんの顔。
こんな夜を過ごす子どもたちが、ちょっぴりうらやましいなと思いました。
次の満月の夜が楽しみです。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

軽部武宏さんのその他の作品

ぞうでするする / 大出現!精霊図鑑 / いいな いいな あの おうち / 大接近!妖怪図鑑 / ちょうつがい きいきい / かっぱ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

まんげつのこどもたち

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット