すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
チョコレート屋のねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレート屋のねこ

  • 絵本
文: スー・ステイントン
絵: アン・モーティマー
訳: 中川 千尋
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月16日
ISBN: 9784593505456

5歳から
27.8×18.8cm 32ページ

みどころ

これといって名物のない、静かで退屈な村。そこにあるのが小さなチョコレート屋。お客はめったにきません。笑うことを忘れてしまったおじいさんがチョコレートをつくり、ねずみを捕らないねこがショーウィンドウから外を眺めているのでした。

そんなある日、ふと思いついてつくった“ねずみのチョコレート”をねこがかじってみると…なんておいしいのでしょう!心がうきうきはずんで、ひげと前足が勝手に動いてしまうほど。
「こんなにおいしいんだもの、だれかに、食べてもらわなくちゃ。」
そこで考えた計画とは……?

ねこの機転と“ねずみのチョコレート”のちょっとした魔法によって生まれる、生つばゴクリの美味しそうなチョコレート作品の数々。チェリーボンボン、チョコレートロールケーキ、ホットチョコレートにチョコレートファウンテン…。村の人たちも、だんだんこのお店のチョコレートに夢中になっていきます。ところが、おじいさんはまだ笑わないのです。この気むずかしいおじいさんの心を溶かすのは、いったい誰だったのでしょう。

チョコレートの魔力と美しさが凝縮されたこの絵本。作者は『サンタクロースのしろいねこ』を手がけたコンビ。主役のねこは愛情たっぷり描かれ、その感触まで伝わってくるほどです。巻末にはチョコレートの解説も付いて、チョコレート好きにはたまらなく魅惑的な一冊になっています。

ああ、チョコにたっぷりと浸っているマンゴーの絵ときたら……。

(絵本ナビ編集長)

チョコレート屋のねこ

出版社からの紹介

古ぼけたチョコレート屋に気難しいおじいさんとねこがすんでいました。ある日、ねこがおじいさんが作ったチョコレートねずみをかじってみると……あまりのおいしさにびっくりしました。だれかに食べてほしいと思ったねこが考えた計画とは……?巻末にチョコレートの解説付き。

ベストレビュー

夢があって素敵で甘い

表紙にひかれて手にとりました。読みはじめると、チョコレートの甘いにおいがしてきそうなほど、チョコレートの場面がでてきます。
チョコレート好きにはたまりません。
しかも、夢のある物語にぴったりの素敵な絵は、眺めるのも楽しいです。
そして、やっぱり、無性に美味しいチョコレートが食べたくなる一冊でもありました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スー・ステイントンさんのその他の作品

クリスマスのこねこたち / サンタクロースのしろいねこ

アン・モーティマーさんのその他の作品

ちいさなねずみのクリスマス / ねんねんネコのねるとこは / こねこのみつけたクリスマス / トスカのおくりもの / トスカのクリスマス

中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / 三つのまほうのおくりもの / かしこいモリー / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう / 魔女のこねこゴブリーノ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

チョコレート屋のねこ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット