だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
水は、
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水は、

  • 絵本
写真・文: 山下 大明
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月10日
ISBN: 9784834027563

読んであげるなら:5・6才から
自分で読むなら:小学低学年から
32ページ 24X20cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大学を卒業以来山を歩き続け、自然の営みを撮ってきた著者が、力強く美しい写真で、水の恵みのありがたさを私たちに訴えかけます。

ベストレビュー

大型絵本を出してくれるといいな〜。

本のカバーの見返しにあたる部分に
「幅広いテーマで1,2年生の好奇心を広げ……」
なることが書かれていましたが、
1つの1つ取り上げられている写真がとても素晴らしかったのと、
どのページの文章も簡潔で詩的なリズムがあり、
音にして読み上げると心地よいと感じたので、
子どもたちだけでなく、高齢者の方々にもいいのではないかと思って、
先日この写真絵本を持って、高齢者のディーサービス施設でお話会をしてきました。

本文を開けると、ページいっぱいに大きな木!そこに降り注ぐ雨。
ここを見ただけでこの作品に引っ張り込まれます。

本文の活字は、普通の絵本にはあまりない大きいサイズで、一見読みやすそうでしたが、
主役である水の写真を邪魔しないようにしているためか、
「白い活字」を使っていたので、
バックの写真に反射して、読み聞かせに使うときは結構反射して読みにくいと感じました。
この絵本を読み聞かせに使うときは、文章が短いので、あえて暗記して臨むのもいいかもしれません。

さて、ご高齢者さんたちの反応は、読み手の私的にはなかなかいい雰囲気でした。特にお花とか自然が好きな方々の反応はよかったように思います。
ちょっと残念だったのは、絵本がやや小さ目なので、20人前後の人たちが集まるような広い場所では、全体の方に見ていただきにくい角度もあったかもしれません。

作品そのものはとても素敵なので、ぜひ、大型絵本にしてほしいな〜と、思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山下 大明さんのその他の作品

時間の森〜屋久島



第12回 『あったかいな』の片山健さん

水は、

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット