もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
北国からの動物記(4) エゾシカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

北国からの動物記(4) エゾシカ

  • 絵本
文・写真: 竹田津 実
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784752005223

B5変型判 40頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

竹田津実さんは、獣医師をしているうちに、エゾシカの大移動に気づく。彼らの、生命力あふれる強さ、美しさを写真で追います。

ベストレビュー

カメラ目線の鹿もいますよ〜。

竹田津実さんの写真絵本です。
絵本ですが、簡単な「エゾシカ」オンリーの図鑑と呼んでもいいんじゃないかなと、思いました。

時々、カメラに向かって真っすぐな視線を送るカメラ目線の鹿がいます。
好奇心でしょうか?それとも、カメラを向けている竹田津さんに何か感じているのでしょうか?
とにかくその無垢な表情がかわいいです。

繁殖期のメスを争うオスのケンカ、生まれたての小鹿、
季節とともに成長していくオスの鹿たちの猛々しい大きな角!
どのページもすごく魅せてくれます!

この本は字がやや多めなので、読み聞かせよりブックトークでかいつまんで見せる方がお勧めです。
そしてブックトークでまとめるのなら、ぜひ、上橋菜穂子さんの「鹿の王」(上下巻)をご一緒にどうぞ!
鹿たちの動きや住処などのイメージがよくわかって、ますます物語の世界が広がります。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

竹田津 実さんのその他の作品

恋文 ぼくときつねの物語 / 北国からの動物記(8) エゾリス / 北国からの動物記(7) タヌキ / キタキツネのおかあさん / キタキツネのおとうさん / キタキツネの十二か月



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

北国からの動物記(4) エゾシカ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット