大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
講談社文庫 穴 HOLES
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社文庫 穴 HOLES

  • 児童書
著者: ルイス・サッカー
訳: 幸田敦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「講談社文庫 穴 HOLES」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月15日
ISBN: 9784062755870

A6判 340ページ

出版社からの紹介

生きる勇気が湧いてくる
世代を問わず愛されるベスト&ロングセラー

まるで神業のように見事な展開。そして、運命の大どんでん返し!――(森 絵都)

無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に1日1つ、でっかい穴を掘らされる。人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。ある日とうとう決死の脱出。友情とプライドをかけ、どことも知れない「約束の地」をめざして、穴の向こうへ踏み出した。

ベストレビュー

大人でも楽しめます

無実の罪に着せられ、矯正キャンプに連れて行かれたスタンリー。
そこはキャンプとは名ばかりの、見渡す限り干からびた土地が果てしなく続く、かつての湖の底だった。
過酷な環境の中でスタンリーは日々、きめられた大きさの穴を掘る毎日を送るのだが、それには隠されたある理由があった。

主人公スタンリー・イェルナッツはひいひい爺さんがある約束を守らなかったばかりに、まったく付いてない人生を送ってきました。
実はこれ、主人公を面白おかしく、誇張するための、ただの設定だと思っていたんですが、それこそがとても重要な要素だったのです。
作中所々に110年前の描写が出てきますが、最後まで読むと、すべてが見事な伏線だったと気付くんです!

最初は辛い描写にめげそうになりますが、スタンリーの成長、友人との出会いなどで変わっていく姿にひきつけられ、考えをめぐらせ、自ら窮地を脱出しようと頑張る姿はとても逞しいです。

子どもだけだなんて、もったいない!
大人も十分楽しめる作品です。
既に映画化されているそうなので、ぜひ見てみたいです。
(ヤキングさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイス・サッカーさんのその他の作品

地獄坂へまっしぐら! / きみの声がききたいよ! / ぼくって女の子?? / ウェイサイド・スクールはますますへんてこ / ウェイサイド・スクールはきょうもへんてこ / どうしてぼくをいじめるの?

幸田敦子さんのその他の作品



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

講談社文庫 穴 HOLES

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット