アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
しょうがつが くると
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しょうがつが くると

  • 絵本
作: 川崎 洋
絵: 沢田 としき
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月10日
ISBN: 9784790252528

4〜5歳児
縦25.7×横21.0cm
(表紙縦26.3×横21.3cm)
上製 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

この絵本は、二篇の詩を一冊にまとめて絵本化したものです。詩集に収まっていたときとはまた違った楽しみを体験していただけます。その楽しみとは、「ページをめくる」ということ。ひとつの詩を場面に割ってみたことで、次はどんな展開になるのかということを想像する楽しみが生まれました。子どもたちに読んであげるときは、いろいろ聞いてみるのもいいですね。きっと子どもたちからはさまざまな発想が飛び出してくることでしょう。もちろん、ことばのリズムをたいせつにして、テンポよくひときにページをめくっていっても楽しめます。沢田としきさんの絵も、まるで絵巻のごとく、全体が流れるように校正されているのも楽しい見所です。

ベストレビュー

お正月の連想言葉遊び

図書館のお正月特集コーナーに置いてありました。

一つの文に対して見開き一ページずつ絵がついて進んでいきます。
お正月が来ると・・の後の言葉は
次のページへのお楽しみとなります。
このような構成は読み聞かせにいいなあーと思います。
小さい頃なら予想をさせながら進めることもできます。

元が絵本ではなく、二つの詩だったと知ってなるほど納得という感じ。
詩の行間をこのように絵本にするのも面白いと思いました。
素朴な連想が、気持ちを温かくさせます。お正月に読みたい一冊です。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川崎 洋さんのその他の作品

ぼうしをかぶったオニの子 / イソップどうわ 2 / イソップどうわ1 / それからのおにがしま / おひさまのかけら / あたまわるいけど学校がすき

沢田 としきさんのその他の作品

どうしてアフリカ?どうして図書館? / みさき / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね / ビーバー族のしるし



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

しょうがつが くると

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット