となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まいごのワンちゃん あずかってます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まいごのワンちゃん あずかってます

  • 絵本
作: アダム・ストーワー
訳: ふしみ みさを
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月26日
ISBN: 9784097264842

3,4歳から
大菊倍16取/32頁

出版社からの紹介

まいごのワンちゃんと少女の交流を描く。

ある日、リリーという女の子の家の庭に、おおきな「ワンちゃん」が迷い込みます。ずっと犬を欲しがっていたリリーは、おおよろこび! 
さっそく一緒にあそび、家につれてかえりますが、ママは「飼い主がいるはずよ」とリリーをさとします。
そこで、リリーは、飼い主をさがすためのポスターをつくります。そのおかげで、飼い主が見つかって、「ワンちゃん」は帰っていくのですが……。

最後には、動物好きな女の子の面目躍如!? ゆかいな結末が待っています!
リリーと「ワンちゃん」との交流が楽しく、悲しいお別れがあるものの、爽快なラストと、随所にちりばめられたユーモアが、何度読んでも飽きさせない絵本。

ベストレビュー

どう見てもいぬじゃないでしょ-

ある日突然、リリーはワンちゃんを手に入れるのです!

迷い犬?のら犬?
いいえ!それは動物園から脱走したくまだったのです!

りりーは、くまを犬だと思って、芸をしこんだり、一緒に遊んだり、すごく楽しそう!

リリーのかわいい顔を見ると、くまをワンちゃんといって、ワンちゃんをかわいがっているのをやめさせられない・・・

おちゃめなリリーが印象に残るおはなしでした。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふしみ みさをさんのその他の作品

ちびちっち / マルラゲットとオオカミ / あかがいちばん / ふるいせんろのかたすみで / こねこのプーフー(8) サンタさんに あったよ! / ゆきのひのおくりもの



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

まいごのワンちゃん あずかってます

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット