だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
どどのろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どどのろう

  • 絵本
作: 穂高 順也
絵: こばやし ゆかこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月20日
ISBN: 9784265081240

3、4歳〜小学校低学年向け
A4変型判 26.6×21.6cm
32ページ

出版社からの紹介

昔々、願いを三つ叶えてくれる泥人形がありました。それを手にした悪党二人。化け物になるようお願いして、おそろしい姿に変身!さあさあ、悪行三昧の始まりです。

ベストレビュー

勧善懲悪、むかしむかしのお話

図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

願い事を3つだけ叶えてくれるという不思議な人形、どどのろう。
ある日、その人形を拾った文治と長兵衛は悪だくみをしますが…。
むかしむかし、勧善懲悪のお話です。

我が家の次女が、こばやしゆかこさんの描く絵の雰囲気が好きなので借りてきましたが、
最初、もしかしたら化け物の絵を怖がるかな?とも思いましたが、
全然怖がりませんでした(笑)。
むしろとても気に入り、何度も何度も読みました。
長女も、「面白かった」と言っていました。

「おいはぎ」や「おしこみ」など、普段使わない言葉も出てきますが、
昔の話、ということであまり違和感も持たずに読み聞かせできると思います。
「化け物」の絵を怖がるお子さんもいるかもしれませんが、
随所にこばやしゆかこさんの遊び心も垣間見れて、
大人はくすっと笑ってしまいました。

勧善懲悪、わかりやすいお話で5〜6歳くらいのお子さんからお勧めです。
いつも読んでるお話と、ちょっと違う雰囲気の語り口で、
子供にも新鮮だったようですよ(^^)。
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


穂高 順也さんのその他の作品

よるのさかなやさん / あかいのあつまれ / いろいろおふろはいり隊! / なべぶぎょう いっけんらくちゃく / とうさんとうさんいかがなものか? / ちゅうしゃなんかこわくない

こばやし ゆかこさんのその他の作品

まほうのきって / カーテン / カギ / あかりをけすと



ねえ、「コワイ」って、もってる?

どどのろう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット