ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
よるのむこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるのむこう

  • 絵本
作: nakaban(ナカバン)
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月12日
ISBN: 9784592761594

四六倍判変型 24.9×19.0cm
32ページ

みどころ

静かに始まるあおい世界。
それは真夜中に走る列車の中であり、読者にとっての旅の始まりでもあります。
光のつぶがひとつ、ふたつ現れたかと思うと、通りすぎていく真夜中の街。
更に今度は寝静まっている家々の横を通りぬけ、古いレンガの橋を渡ると、
そこは懐かしいくにの入り口に…。

ああ、なんて美しい。
深くあおい風景に浮かびあがっているのは、まるで夜の世界からにじみ出てきたような、
柔らかくきらめいている様々な光の色。
ページをめくりながら、じっと見つめながら、何度でもため息が出てしまいます。

この絵本のテーマは帰郷。
長い夜の時間をぬけてたどりついた故郷で迎えてくれるのは、風景だけではありません。
言葉は少なくても、詩情豊かに語りかけてくれる物たち。
それらのあたたかなぬくもりを思い浮かべながら迎える朝、そこにはずっと思い続けていた変わらない空気が待っているのです。

nakabanさんの絵の、どこかを特定できないような風景、何色か決め付けられないような色彩がとても好きです。
誰かを思う時、どこかの場所を思い浮かべる瞬間、この絵本を開いて気持ちを重ね合わせてみたくなります。
そして、そんな時間を共有したい人に贈りたくもなりますね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

よるのむこう

よるのむこう

出版社からの紹介

月刊MOEに掲載され反響を呼んだ作品が、待望の単行本化!
静かな夜、旅に出るような気持ちで、そっとめくってください。
ページという車窓を、宝石のように深く美しいシーンが流れてゆく--
大切な時間に開きたい、大切な人に贈りたい絵本です。

ベストレビュー

夜行列車から覗く景色でしょうか。

ネットでこの本の表紙を見たとき
タイトルの下に「nakabann」と描いてあって、なんだろう?と思っていたのですが作者のペンネームのようです。

内容は夜行列車から覗く景色。でしょうか。
真っ暗夜の世界から、最後の3ページは汽車を下りて、明け方の明るい世界を歩いて目的地に着くようです。

色のコントラストや、夜行列車からちらちら見える外の光の具象化がよかったです。
読み聞かせに使うよりはどちらかといえば、高学年くらいのお子さんたちのブックトークで紹介したいと思いました。

さらりと人に読んでもらうより、ひとりでじっくり見てほしいです。
この作品は読めば読むほど味わいが出てくるタイプのような気がします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


nakaban(ナカバン)さんのその他の作品

フランドン農学校の豚 / はこ / うみべのいす / わたしは樹だ / ぞうのびっくりパンやさん / みずいろのぞう



葉祥明さんの描く不朽の名作

よるのむこう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット