すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ケーイ 命がおしえてくれたものーつしま丸・沖縄戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケーイ 命がおしえてくれたものーつしま丸・沖縄戦

作: 金城 明美
出版社: 沖縄出版

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケーイ 命がおしえてくれたものーつしま丸・沖縄戦」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

ケーイは4年生の時、対馬丸に乗り、遭難しました。そして、5年生になろうとした年、沖縄の地上戦に巻き込まれたのです…。著者の恩師である平良啓子さんの体験を元にした絵本。

ベストレビュー

小4の啓子の記憶

小5向けのブックトークのテーマが「沖縄」、ということで、
やはり沖縄戦は外せないと思い、セレクト。
1944年、アメリカ軍が沖縄に上陸する前年、8月22日、
疎開の子どもたちを乗せた対馬丸が遭難します。
ケーイはその船に小4で乗り合わせ、漂流、その時の記憶が描かれます。
同乗した兄や親せき、祖母ともはぐれ、イカダでの生存競争。
やっとヤンバルの村に帰り着いたのに、すぐに沖縄戦。
著者の恩師、啓子先生の小4の時の記憶とのこと。
戦争、とりわけ、悲惨を極めた沖縄戦を受け止めるには幼すぎる子どもたちに、
子どもが体験したエピソードをそっと易しく伝えてくれる作品だと思います。
対馬丸、またいつかきっと思い出してくれると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳)

出版社おすすめ


金城 明美さんのその他の作品

つるちゃん



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

ケーイ 命がおしえてくれたものーつしま丸・沖縄戦

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット