たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
風をつかまえたウィリアム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

風をつかまえたウィリアム

  • 絵本
文: ウィリアム・カムクワンバ ブライアン・ミーラー
絵: エリザベス・ズーノン
訳: さくま ゆみこ
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784378041346

小学校低〜
29×23.5cm・32ページ

出版社からの紹介

ウィリアムは、目をとじてかんがえました。 
家のそばに、風車をつくったらどうかな?
風がふけば電気がつくれるから、
暗い夜でもあかりがつくよ。

アフリカのもっともまずしい国のひとつマラウィで生まれ育ったウィリアム少年は、図書館で出会った1冊の本を読んで、手づくりの風力発電に挑戦することを決め、実行に移した……真実の物語。

ベストレビュー

図書館が救いの手

『THE BOY WHO HARNESSED THE WIND』が原題。
日本でも、スーパープレゼンテーションという番組でおなじみの
TED(世界的講演会)に作者自身が登壇していたをたまたま視聴していたので、
ピン!ときました。
そう、アフリカの貧しい少年が、独学で風力発電の風車を作った実話です。
マラウィという国に住むウィリアム少年の家は貧しく、
とうとう学校にも行けなかったのですね。
幸運なことに、近所に図書館があったので、そこで、
英語の辞書片手に科学の本を読破し、風力発電の風車を手作りしたのです。
図書館が救いの手になったということが嬉しいですね。
もちろん、ウィリアム少年のまっすぐな意志の強さもあってのことです。
巻末には、その後のウィリアム少年の姿も掲載されています。
TEDにより資金が集まり、ウィリアム少年も復学し、家の畑も再生し、
地域のためにさらなる学びを続けているそう。
小学生くらいから届けた作品です。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

さくま ゆみこさんのその他の作品

空の王さま / ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-2 宇宙の生命 / くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ



サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

風をつかまえたウィリアム

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット