もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ピアノ調律師
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピアノ調律師

  • 絵本
作・絵: M.B.ゴフスタイン
訳: 末盛千枝子
出版社: すえもりブックス

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピアノ調律師」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

復刊版はこちらからどうぞ>>>

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

なかなか本格的ですよ!

 実は私自身がピアノ調律師。
主人公の女の子と同じように、ピアノを弾くより中身に興味を持ったのは小学生の時でした。
 文字も多く、小さいお子さんには難しいですが、ピアノを習っている小学生の中学年からなら、「いつも音が鳴っている黒い箱=ピアノ」の中身がこうなっているんだ…とか、ピアノには演奏する人以外に直す人もいるんだ…と興味を持ってもらえると思います。

 調律の方法は日本で主流になっているものと異なりますが、ちゃんと注釈もあったり、最終頁には工具のイラストもあってびっくり!
 大人にとっては、大人の期待と裏腹な方向に向いていく子供の興味を、認めて受け入れる事も必要なんだ…と思わせられます。

 おじいさんが専任しているピアニストのおじさんのプレゼントが、女の子には何よりだったと思うし、この女の子はこの出来事を励みに、きっと調律師さんになるだろうと思いました。

大人としては、子どもをこんな形で励ましてあげられたらいいですね。
 
私自身の2歳の子供が、もうすこし大きくなったら読んであげるのを楽しみにしています。
 職業紹介の本としても参考になりそうです。
(ようのすさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M.B.ゴフスタインさんのその他の作品

ピアノ調律師 / Your Lone Journey あなたのひとり旅 / ゴールディーのお人形 / 私の船長さん / おばあちゃんのはこぶね / ふたりの雪だるま

末盛千枝子さんのその他の作品

「私」を受け容れて生きる―父と母の娘― / すばらしい季節 / 人生に大切なことはすべて絵本から教わった / ちいさな曲芸師 バーナビー / すばらしい季節 / パパにはともだちがたくさんいた



困っているぼくのところに本物の神様が!

ピアノ調律師

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット