十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
もしもしトンネル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしもしトンネル

  • 絵本
作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月16日
ISBN: 9784893259752

25.0×22.0cm 32ページ

みどころ

ある日、うさぎのナナちゃんの家の隣に誰かが引っ越してきたようです。
垣根の向こう側にタンスやテーブルなど、引っ越しの荷物がちらっと見えるからです。
すると、垣根の下の方のトンネルみたいな隙間からボールが転がり出てきて…。
ナナちゃんがそっと転がし返すと、笑い声が聞こえて、またころころころ。
思わずのぞいたトンネルの向こうでにっこり笑っていたのが、ロコちゃんなのでした。

あっという間に仲良くなったナナちゃんとロコちゃん。
運動が得意なロコちゃんに対して、ナナちゃんは何かをつくったり絵を描いたりするのが上手。
二人は毎日遊びます。走り回ったり、花飾りをつくったり。
でも、ある日ひょんなことから二人はケンカをしてしまいます。初めての大きなケンカ。どうやって仲直りしたらいいのかわからないナナちゃん。でもそんな時思い出したのは、初めて出会ったときのことだったのです。
二人の仲をすぐに元に戻してくれたのが、あの時に感じた共通の気持ち。
こんな関係ってうらやましいですよね。

小さい頃に一緒に遊んだ友達って、ちょっと特別かもしれません。
楽しいことがいっぱいの毎日。でも笑ってばかりじゃなくて、きっとケンカして泣いたり、怒ったり。ケガだってしたこともあるかもしれません。そんなに蜜な関係になれることって、大人になってもそんなに多くあるわけじゃないですしね。これからたくさんの出会いが待っているであろう子どもたちに、この絵本を読んで嬉しい気持ちを一緒に味わってもらえたらいいですね。
そんな私自身も、幼なじみのあの子を思い出してほんのり幸せな気持ちになってしまいました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

〈仲直りのきっかけは、相手を思いやる気持ち〉 うさぎのナナちゃんの家のお隣に、新しい家族が引っ越してきて、家具を次々に運び入れています。そのとき、垣根のトンネルのようなすきまから、ボールがころころと転がってきました。ナナちゃんはボールをトンネルの中へ返してあげました。すると、笑い声がして、ボールが戻ってきました。ナナちゃんがトンネルをのぞくと、引っ越してきたうさぎの女の子、ロコちゃんの笑顔がありました。こうして仲良くなった二人ですが、ある日、けんかしてしまいます。どうやって仲直りしたらいいかわからないナナちゃんが、初めて出会ったときのことを思い出し、ボールをトンネルの中に転がすと…!! これからさまざまな出会いがあり、友達との関係を深めていく子どもたちに、ぜひ読んでほしい絵本です。                      

ベストレビュー

仲直りの方法♪

かわいいうさぎの女の子たちのお話です♪
おとなりに引っ越してきて、お友達になって、毎日遊んで、
あるときケンカして、そして仲直りするという、身近にあるような
お話だったので、娘も気に入ったようです!!
自然と友達になって、自然と仲直りして・・・、そんな様子が
とてもいいと思いました。
娘にも、言葉だけではなく、心で会話して、お友達をたくさん
つくってほしいと思いました♪
(スケボウさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひろかわ さえこさんのその他の作品

あと、いくつ? / ぱんぽこぽん / たんぽぽでんしゃ / じゃがいもちゃん / おまめちゃん / ぷちとまとちゃん



ねえ、「コワイ」って、もってる?

もしもしトンネル

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット