ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
少女リブの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

少女リブの冒険

  • 児童書
作・絵: アニタ・ステイナー
訳: 武田 和子

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

12歳のオランダ人少女が見た、鎖国化の日本。台湾をめぐる海賊・国姓爺との死闘の結末。はるか遠い、母の国で出会った様々な事件とは…。北欧の画家が、知られざるアジア史を描きだす、歴史冒険物語。

ベストレビュー

不思議な活劇

スウェーデンの著者が描いた日本の鎖国時代。
少し不思議な感じがしましたが、作者の描く17世紀の日本文化と幕府を絡めた活劇には違和感もありますが、テンポの良い展開に引き込まれました。
少女の目を通して見た世界。
後半では台湾を舞台に東インド会社の側に属するリブから見た、フレデリック・コイエットと国姓爺との闘いを中心にドラマチックなお話に発展します。
少し荒削りのような気もしますが、見事に心くすぐる児童文学(?)だと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

武田 和子さんのその他の作品

My First Mountain / はじめての やまのぼり



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

少女リブの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット