ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
もんばんアリと、月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もんばんアリと、月

  • 絵本
作: さとみ きくお
絵: しおた まさき
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もんばんアリと、月」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月25日
ISBN: 9784860955298

A4変/上製/32P

出版社からの紹介

大きな頭で、巣穴の入口を塞ぎ、自ら“門”になるのが、唯一の仕事という“もんばんアリ”。“もんばんアリ”になる宿命を背負った少年アリは、どんな生き方を選ぶのか? 二匹のアリが、生き方を問う静かに美しい物語。

ベストレビュー

せつないもんばんさん

「兵隊ありって、いるんだよ」と
小さい頃の息子が教えてくれたことがありました
とっても、自慢げに

「もんばんアリ」???
そんなアリもいるのでしょうか?

表紙を開くと
説明があります
本当にいるようです

アリの生態、集団行動もなかなか興味深いところ(^^ゞ

スリムなはたらきアリに比べて
かなり頭の大きなもんばんアリのおじさんとぼく
ばかにされています

なぜ?

ものすごい仕事をしているのに
みんなを守っているのに・・・

先輩の話がまた、せつない

憧れと、自分の役割と
ぼくもおじさんも、想像でしか
その世界をしらないのでしょうか

「穴」を守る

アリの穴と
月がそう見えるのか
地球の穴を守る・・・

地球のもんばんになるアリとしての誇りなのでしょうか

役割を終えたおじさんは、どこに?
先輩は、どこに?

とってもせつない気持ちになってしまいます

絵が幻想的で、イメージぴったりです

大学4年生になった息子
「美談過ぎる」とのこと・・・(+_+)ゞ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

もんばんアリと、月

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット