もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
だあれがいちばん十二支のおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だあれがいちばん十二支のおはなし

  • 絵本
作・絵: 東山 凱
出版社: 中国出版トーハン

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,380 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

玉皇大帝=神様は、全ての動物たちの中から、十二支を代表する動物を選び出そうと思いついた。十二支に選ばれたい動物は玉皇大帝のもとに集まるが…。日本でもよく知られている十二支の動物の順番を決めるお話。

ベストレビュー

中国で出版されている十二支の絵本

原題は『十二生肖』、中国図書の翻訳本です。
神さまが十二支の動物を選ぼうとして、動物たちがそれぞれに急いで並ぶのです。
日本でも有名な十二支のおはなしですが、やはり細部が違いますね。
最後のイノシシは、黒豚なんですって。
ねずみと猫のエピソードは大差ありませんが、途中の順番については
やや込み入ったエピソードとなっています。
ということで、小さい子には少し難しいかもしれません。
黒豚が説教されるシーンは、訓話のようです。
作・絵の記載がありませんが、中国らしい雰囲気に溢れているものの、
かなりポップな絵でびっくりしました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

だあれがいちばん十二支のおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット