もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
しゅわしゅわ村のどうぶつたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅわしゅわ村のどうぶつたち

  • 絵本
作・絵: くせ さなえ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「しゅわしゅわ村のどうぶつたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年02月26日
ISBN: 9784033326108

小学校低学年から
24.0×25.0cm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「ここはしゅわしゅわ村です。だれがいるかな?」ぶたたちは屋台をうろうろし、うさぎたちはトランポリン運び、たぬきたちは盆踊りの準備中、くまは野外トレーニングセンターで相撲や重量あげ、ねこたちは屋根でお昼寝・・・という楽しそうなしゅわしゅわ村が広がります。
ページをめくると「ぶた」「たべる」の手話(ぶた一家がおいしそうに食べています)。
「うさぎ」「はねる」(うさぎランドのなかに広げたトランポリンで遊んでいます)
「たぬき」「おどる」(盆踊り祭りがはじまりました!)
「くま」「つよい」(重量あげで金賞決定!)
そして「おばけ」が出て「こわい」! そこでおばけは・・・?
描き込まれた絵とリズミカルな手の動作が楽しく、手話を覚えるための本かどうかというポイントははるかかなたに飛んでいきます。子どもたちはこの本が大好き。1歳の子でさえ立派にまねしていましたよ。ぶた(鼻を指でつつく)、ねこ(グーをほっぺに当てる)、たぬき(お腹をたたく)。おばけ、というと「こわーい」(両こぶしをにぎりしめてふるわせる)をします。最後は「みんな♪ともだち♪一緒に♪あそぼ♪」。子どもたちがどんなに楽しそうに手話をするか、お見せしたいくらいです。きっと子どもにはわくわくする暗号(!?)なんですね。読み聞かせ会も盛り上がるだろうなあ。『しゅわしゅわ村のおいしいものなーに?』と同時出版です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

しゅわしゅわ村のどうぶつたち

出版社からの紹介

絵をみながら自然に手話ができる手話絵本

しゅわしゅわ村にいるいろんな動物たち。絵を見て楽しみながら、自然に手話ができる画期的な手話絵本。手話と指文字の解説付き。

ベストレビュー

手話って楽しい

 身近に手話を使う人がいない子どもにとっては、「手話」とは未知のものでしょう。この絵本はそんな子どもたちが、世の中にはいろんな人がいること、いろんなコミュニケーション手段があること、そのうちの一つに手話がある、ということをごく自然に知る良いきっかけになる絵本です。 

 私たちが日常でよくする、簡単な身振りや手振りをもとにしてできた手話が紹介されているので、手話に親しみを感じます。単なる説明の本ではなく、簡単ながらストーリーになっているので、お話を楽しみながら手話に親しむことができますよ。

 子どもと一緒に動作しながら読むと、きっと楽しい時間になることでしょう。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

くせ さなえさんのその他の作品

しゅわしゅわ村のだじゃれ大会 / しゅわしゅわ村のおいしいものなーに? / ゆびたこ / あかいボールをさがしています / ぼくと おおはしくん



第12回 『あったかいな』の片山健さん

しゅわしゅわ村のどうぶつたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット