十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ポケットの中の赤ちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポケットの中の赤ちゃん

  • 児童書
著者: 宇野 和子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポケットの中の赤ちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784061335202

サイズ:A5判 ページ数:214

出版社からの紹介

復刊しました!
みなさんの熱い思いで、ムーちゃんが帰ってきました。

なつ子のママのエプロンのポケットの中から出てきた、ムーという名まえの小さな小さな女の子。よるになると、なつ子をふしぎな国へつれていってくれます。
でも、それは、ママにはないしょ。ムーは、ほんきにしない人に見られると、消えてしまうんですって。

この「ポケットの中の赤ちゃん」は、“子どもの本の探偵”に、いちばん依頼の多かった、つまり、忘れられない、もう一度読みたいといった人がいちばん多かった本です。
お母さんのポケットから出てきた小さな女の子ムーちゃんを育てるという、子どもの皮膚感覚で描かれたこの物語を、読者であった子どもたちは忘れなかったのでした。いわば、子どもが守り、復活させたこの本を、いまの子どもたちもきっと楽しんでくれるでしょう。――赤木かん子(子どもの本評論家)

ベストレビュー

復刊してほしいです

この本は私の友人が、小学生の頃読んで、もう一度読みたいと思ってる本でした。話を聞いて私も図書館で借りて読んでみました。読み始めると面白くってすぐ話の中に入ることができました。どきどきしたり笑えるところもあったり、ちょっと怖いところもあってハラハラしたりしました。最後はホロッと涙がでそうでした。とても面白かったので娘にもすすめました。娘も面白くって、あっという間に読んでしまったようでした。我が家の本棚にそろえたい1冊なのですが、絶版になってることを知り、とても残念に思いました。
(ずくぼんじょさん 40代・ママ 女の子8歳、男の子1歳)

出版社おすすめ




『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

ポケットの中の赤ちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット