庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
こないかな、ロバのとしょかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こないかな、ロバのとしょかん

  • 絵本
文: モニカ・ブラウン
絵: ジョン・パッラ
訳: 斉藤 規
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784406056311

A4変型上製 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

南米の村に住む、女の子のアナは、本が大好き。
でも本を一冊しかもっていません。
よく勉強したごほうびに、先生からもらったのですが、その先生もひっこしていってしまいました。
村には、アナや小さい子どもたちをおしえる先生はもういないのです。
アナは、ヤギにえさをやり、市場で売るためのたまごをあつめ、畑で働きます。
つよい日ざしにアナは思わず目をとじながら、すずしいおうちで本(libro リーブロ)が読みたいなあ、と思います。

ある朝パカパカという足音とイーアー、イーアーという声が聞こえてきてアナは目をさましました。
外をみると、「ロバのとしょかん」(Biblioburroビブリオブッロ)の看板を抱えた男の人が、ロバ(burro ブッロ)に本をたくさんのせてやってくるではありませんか。
アナは家を出て丘をかけおります。
同じように、ロバと本を見つけた子どもたちが、坂をとびはね、畑をよこぎって集まってきます。

そうです、この絵本は、南米・コロンビア共和国の、移動図書館のお話(じっさいにあったお話)がもとになっているのです。
移動図書館といえば、マイクロバスやワゴン車などをイメージするかもしれませんが、南米のこの国ではロバ。
モデルになった小学校の先生、ルイス・ソリアノ・ボルケスさんは、アルファとベットというロバ2頭(文中のロバの名と同じ!)をつれ、畑や牧場をとおり、ひざの上まで水に浸かりながらの旅をして子どもたちに本を届けます。
あとがきによると、アフリカ・ケニアではラクダの図書館が砂漠の遊牧民に本を届けているし、スウェーデンのストックホルムでは船が島の人たちに本を運んでいるのだそうです。
移動図書館って世界中にあるのですね!

移動図書館ですから、本を貸し出したら、また次の場所へいってしまいます。
アナや子どもたちがうれしそうに木陰の移動図書館にあつまってくる姿。
「おじさん、いつくるかな」
次回の「ロバのとしょかん」を待ちわびるアナ。
フォークロアというのでしょうか、南米民俗風のかわいらしい絵に、アナがチャーミングに溶けこんでいます。
木の板に描かれたような素朴なニュアンスと、カラフルに彩色された世界観。
このなつかしいような絵が、本書の魅力のひとつでもあります。

未就学児には少しむずかしい内容かもしれませんが、学校にいって、世界のことを想像するようになると、とおい国の子どもたちも本を読んでいることを豊かにイメージできそうです。
文中にかんたんなスペイン語が登場するのもポイント。
本好きな南米の女の子に夢を運ぶ、ロバの移動図書館のお話は、学校などでの読み聞かせにもおすすめの1冊です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

アナはお話が大好き。毎晩弟にお話を聞かせています。でも、村には本が少ししかないので、もう全部読んでしまいました。ある朝、アナはひづめの音で目をさまします。たくさんの本をのせた「ロバの図書館」がやってきたのです――! 南米・コロンビアに実在する移動図書館と、今か今かと本を待つ女の子との出会いの物語。

ベストレビュー

待ち遠しい図書館

このお話は、村に先生も本もないところにいる女の子が、ある日やってきたロバの移動図書館を心待ちにしているお話でした。いつも自分の持っているたった一冊の本を何回も読んでいたので、移動図書館、特にロバが引いてくるといった変わったもの、を心待ちにしている気持ちがとっても伝わってきて、見ているこっちも待ち遠しくなりました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

斉藤 規さんのその他の作品

いぬのロケットのやくに立つ英単語 / ほんをよむのにいいばしょは? / スミス先生ときょうりゅうの国 / スミス先生と海のぼうけん / ぼくの図書館カード / ぼくが一番望むこと



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

こないかな、ロバのとしょかん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット